会員登録/修正

支払い方法について

銀行振込
指定銀行口座へお振り込み下さい。
クレジット
ご利用いただけるクレジットカードは、VISA / MASTER / DINERS / JCB / AMEXとなります。
 
 
 
 
 
2020年 05月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
祝日休業日
2020年 06月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
 

トップ > お箸の練習ができる知育カトラリー > COCO育フォーク(お箸の練習ができる知育カトラリー)【特許庁登録済】

COCO育フォーク(お箸の練習ができる知育カトラリー)【特許庁登録済】 COCO育フォーク(お箸の練習ができる知育カトラリー)【特許庁登録済】 COCO育フォーク(お箸の練習ができる知育カトラリー)【特許庁登録済】
COCO育フォーク(お箸の練習ができる知育カトラリー)【特許庁登録済】 COCO育フォーク(お箸の練習ができる知育カトラリー)【特許庁登録済】 COCO育フォーク(お箸の練習ができる知育カトラリー)【特許庁登録済】
拡大画像

COCO育フォーク(お箸の練習ができる知育カトラリー)【特許庁登録済】

米国政府公認 ドクター オブ カイロプラクティック (D.C.)監修

 

COCO育でできる知育脳育はこれ♪

 

  • ☆ 正しい姿勢を身につけられる

  • ☆ 乳幼児期の脳の発達を促進させる

  • ☆ 指先の器用さ(巧緻性)を高められる

  • ☆ お箸や鉛筆を正しく持つための指の使い方を練習できる

  • ☆ 自分で食べることが楽しくなる

 

 

 

COCO育フォークは、指先を使った正しい持ち方を自然に促します。

正しい持ち方を身につけることで、正しい姿勢を乳幼児期から身につけることができます。

正しい姿勢は、乳幼児の脳の発達を大いに促進させてくれます。

親子で過ごす毎日の楽しい食事の時間が、子どもの正しい成長へ繋がる素敵な時間に変わります。

COCO育フォークが促す「つまみ持ち」は、お箸や鉛筆と同じ持ち方です。

 

 

 

※ COCO育スプーン&フォークセットのお買い求めはコチラから

 

※ COCO育スプーンのお買い求めはコチラから

 

 

 

SIZE: H12 × W7(持ち手 H4 × W7)

重さ : 20g

材質 : 国産ブナ材(装飾にチーク材)を使用

塗装 : 食品衛生法適合ウレタン塗料を使用

 

製造元 : 日本製
価格 : 3,000円(税別)
数量    ○在庫あり
 

MADE IN JAPAN

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
子どもの成長を正しく高める知育フォーク
子どもの成長を正しく高める知育フォーク

 

 

正しい姿勢を身につけて、お箸の練習もできる日本製の子ども用知育フォーク
正しい姿勢を身につけて、お箸の練習もできる日本製の子ども用知育フォーク

 

 

 

 

米国政府公認 ドクター オブ カイロプラクティック(D.C.)監修 COCO育フォーク

 

久保田式育児法で知られている脳科学の世界的権威・久保田競先生のおすみつきです。

 

 

見た目も可愛い子ども用知育フォーク
見た目も可愛い子ども用知育フォーク

 

 

 

 

 

 

ドクター オブ カイロプラクティック(D.C.)が薦める

 

「正しい姿勢」は、幼児期から身につけることが大切!

 

 

 

自分でご飯を食べ始めた時期にしてしまうのが、この”にぎり持ち”。

 

 

正しいお箸の持ち方に変えていくのはとても大変。

 

それに、食事をするときに肘や腕が上がりすぎていませんか?

 

”にぎり持ち”をすることで、手首が固定されてしまうことが原因です。

 

一度”にぎり持ち”のまま、ご飯をすくう真似をしてみてください。

 

肘を上げないとご飯を上手にすくえないですよね。

 

この毎日の食生活の習慣が、正しくない姿勢を身につけてしまいます。

 

 

 

 

 

 

COCO育スプーン・COCO育フォークの特徴はにぎり持ちができない大きな持ち手部分。

 

 

にぎり持ちをさせず正しい持ち方を促し知育を促進します
にぎり持ちをさせず正しい持ち方を促し知育を促進します

 

 

指先を使う”つまみ持ち”で、指の動きを自然と身につけることができます。

 

指先をよく使うと、巧緻性(こうちせい)が高くなって指先を上手に使える子に。

 

だから、お箸もスムーズに持てるようになるんです🎵

 

つまみ持ちで指先の器用さを高めます
つまみ持ちで指先の器用さを高めます

 

 

正しい持ち方をすることで、肘や腕を上げすぎることがない正しい姿勢も身につけます。

 

毎日の繰り返しが正しい姿勢を身につけます
毎日の繰り返しが正しい姿勢を身につけます

 

 

正しい姿勢は背骨がまっすぐの状態で、神経や筋が正常な位置にあります。

 

そのため脳に伝わる神経が正常に働ます。

 

また脳からの正しい指令も脊髄神経を通してスムーズに体の各器官に伝わります。

 

つまり、「正しい姿勢」は幼児の脳の発達を促進させるにはとても重要であると言えます。

 

 

 

 

 

 

脳科学の世界的権威・久保田競先生が教える

 

子どもが小学校に上がるまでに「育んでおくべき」こと

 

〜 脳を活性化させる4つのステップ 〜

 

 

 

「指先の運動が巧緻性(器用さ)を高め、脳に良い」

 

ということはよく知られています。

 

では、このことはご存知でしたか?

「手はただの運動機能ではなく、とても重要な感覚受容器でもある」

 

 

 

 

 

 

お子さんが普段使っているスプーンやフォークの持ち方を思い出してみてください。

 

 

 

きっとこのようにきれいに持たれているはずです。

 

でも実は、指を使っていないんです。

 

親指と人差し指でスプーンを固定しているだけ。

 

感覚受容器の役割を果たさずに運動機能だけで食事をしてしまっています。

 

 

 

 

 

 

久保田競先生から、子どもの成長をもっと高めるためのアドバイス!!

 

 

感覚受容が脳に刺激を与える期間は、6〜7歳の小学校に上がるまで!!

 

この期間に、「感覚受容器である手指をしっかりと使う」ということが大切です。

 

 

 

 

 

 

COCO育スプーン・COCO育フォークは、しっかりと指を使った持ち方をお子さまに促し知育を促進します。

 

 

STEP 1. まずは5本の指をしっかりと使ってください。

 

知育に繋がる!!5本指でのスプーンの持ち方
知育に繋がる!!5本指でのスプーンの持ち方

 

 

STEP 2. 5本の指で上手に使えるようになったら、4本の指で。

 

知育に繋がる!!4本指でのスプーンの持ち方
知育に繋がる!!4本指でのスプーンの持ち方

 

 

STEP 3. 4本の指で上手に使えるようになったら、3本の指で。

 

知育に繋がる!!3本指でのスプーンの持ち方
知育に繋がる!!3本指でのスプーンの持ち方

 

 

STEP 4. それができるようになれば2本の指で。

 

知育に繋がる!!2本指でのスプーンの持ち方
知育に繋がる!!2本指でのスプーンの持ち方

 

 

「親指と人差し指」「親指と中指」「親指と薬指」「親指と小指」

 

いっぽん一本の指をしっかりと使うことができるように、チャレンジしてください。

 

 

 

 

 

 

右手でできるようになれば左手で。左手でできるようになれば右手で。

 

手をしっかりと使うことができるようにチャレンジしてください。

 

 

 

 

 

 

毎日の楽しい食事の時間が、楽しい学びの時間に変わります。

 

 

 

 

 

 

COCO育スプーン・COCO育フォークは、大切な子どもたちの健全な成長を願い、そして叶えます。

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

【 COCO育スプーン&フォークで楽しいお食事タイムをどうぞ! 】

 

一日が始まる朝には、フォークでフルーツを、スプーンでヨーグルトを♪

 

待ちに待ったお昼には、これまで使っていたスプーンとフォークの代わりに!

 

家族団欒の夜には、カレーやパスタ、それにハンバーグ!デザートのアイスにも♪

 

 

 

COCO育スプーン・COCO育フォークをご購入されるお客様の9割以上の方がセットでのお買い求めです。

 

スプーンとフォークどちらもバランスよくお使いいただくことをおススメいたします。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

【離乳食期 お母さんが使ってお子さんに食べさせてあげる】

 

色々な角度で持つことができるので、お子さんが隣にいても真正面にいてもとても楽に食べさせてあげられます。

 

お子さんは、お母さんが使っているものにとても愛着を持ちます。

 

 

 

【自分で食べられるようになったら 正しい姿勢を身につけ巧緻性(器用さ)を高める】

 

先ずは5本の指をしっかりと使って、正しい姿勢で食事する習慣をつけることが大切です。

 

それができるようになれば、段階別にステップアップしながらチャレンジしてください。

 

 

 

【全年齢 利き手の矯正・利き手をケガしてしまった時】

 

利き手を選ばないユニバーサルデザインで取り扱いがとても簡単ですので、負担になりません。

 

とても軽く丈夫で、ご年配の方もたくさんご愛用いただいています。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

  • 手のひらで持ち手を支え、手指を自然に使って”つまみ持ち”ができます。
    「指先を使って上手にものをつまむ動作」と「掌で重いものや硬いものを握る動作」を鍛え、脳を効率よく活性化させます。

  • どんなふうに置いてもテーブルにつかないから、いつでもキレイを保ててテーブルも汚れません。器のふちに引っかけることもできるので、中に滑り落ちません。お母さんに喜ばれるPOINTです。

  • 喉の奥までくわえ込みにくくて、持つ部分で顔や目を突く危険性も少ないからお母さんも安心して見守ってあげられます。カレーやスープもこぼさず、きれいに食べるスタイルが身に付きます。

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
 
 
氏名内容評点日付
 
ナナイロフォークでも楽しく使わせたいと思います。2018/08/30

ページトップへ